看護師転職サイト※2017年度最新版


>> 介護施設への転職ならこちらの人気ランキングをご参考に! <<

転職先について

■介護施設に転職

最近の看護師転職の動向として、介護施設への転職が非常に増えてきています。「看護師が介護施設に転職?」と不思議に思う方もいらっしゃるかも知れません。それもそのはず、介護施設で活躍するスタッフといえば介護士や介護福祉士といった介護専門の方々が主流です。

しかしながら、看護師は介護施設で入居者の健康管理や投薬管理といった管理業務を任されたり、施設専任の医師と入居者のパイプ役を担ったりします。また、時には入居者の相談に乗るなど、メンタルサポートとしての役割も大きいといえます。決して切り離すことは出来ない「介護」と「医療」、ここでは介護施設の看護師としての働き方をご紹介していきます。

看護師が介護施設で働くメリットとして、夜勤なしの場合が多いことと、看護師としてブランクがあっても活躍しやすいことの2点を挙げることが出来ます。まず夜勤についてですが、介護施設の夜勤は介護者である介護士や介護福祉士が担当することがほとんどです。

看護師は、健康保健指導や服薬指導といった業務で日中入居者と接触する仕事がほとんどなので、夜勤が発生しない場合がほとんどなのです。もちろん、万が一に備えて看護師を待機させる介護施設もありますが、そういった施設はごく一部のように思います。

また、「ブランクがあっても働きやすい」というのは、病院勤務の場合と比較して医療行為が少ない点を指します。介護施設に入居するお年寄りは、人それぞれ何らかの持病は抱えているものの、基本的には健康な方々です。看護師がその方たちに出来ることといえば、健康のための各種指導だったりや何気ない相談にのって差し上げることだったりします。介護施設の看護師に求められるのは、医療的な技術よりも人間としての温かみです。看護師としてのブランクはさほど気にしなくて良い職場であるといえます。

ちなみに介護施設のお給料は、一般的な病院とさほど変わらない場合がほとんどです。夜勤なしでこのお給料なら、結構魅力的ではないでしょうか?

介護施設の求人情報は、比較的簡単に見つけることが出来ます。それだけ介護施設の数、つまりはお年寄りの数が増えてきている証拠なのだと思います。介護施設はこのまま増加することが見込まれますが、そうなれば介護施設での看護師の需要もより一層高まるのではないかと考えられます。

介護施設に転職するために必要なのは、何と言っても入居者に対するおもいやり。この優しい心を持っていれば、活躍の場は多いことでしょう。


>> 人気NO.1「ナースフル」で介護施設への転職を叶えよう! <<

   ▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師転職サイト※2017年度最新版 All Rights Reserved.

[北海道・東北] 函館 青森 盛岡 福島 山形 八戸 [関東] 市原 水戸 平塚 府中 草加 春日部 茅ヶ崎 大和 [甲信越・北陸] 長岡 福井 富士 松本
[関西・東海] 明石 茨木 八尾 加古川 寝屋川 [中国・四国] 徳島 [九州] 久留米 下関 佐世保 佐賀