看護師転職サイト※2017年度最新版


>> 面接に合格するためにコチラの「転職サイトランキング」をご参考に! <<

これだけは知っておこう!

■面接対策には

見事書類選考を通過した場合、その後には面接という難関が控えています。一般的に 、「面接は大の得意!」という人はなかなかいらっしゃらないように思います。しかしながら、書類選考以上に重要視される面接試験、自信を持って臨むためにはどんな対策をすれば良いのでしょうか?

まずは、面接試験の際の緊張を克服する方法についてです。面接には緊張がつき物ですが、あまりに緊張してしまっては効果的にあなたの魅力をアピールすることは出来ません。面接試験の際に感じられる緊張感をほどよく気を引き締めてくれる大切な感覚ととらえ、必要以上に「恐れるべきもの」として考えないようにすることが重要です。また、過度の緊張は自信の無さから生じる場合がほとんどです。本番さながらの実践練習を出来る限りたくさん積むことで、自分に十分な自信を持たせてやると良いでしょう。

さらに、説得力を持たせる話し方を習得することも不可欠です。一語一語をはっきりとゆったりと話すよう心がけることで、相手に対して落ち着いた印象を与えられるようになります。恥ずかしいからといって、小さな声で口早に話してはいけません。はっきりとしない話し方は、相手に自信の無い印象を与えてしまいます。当日あがってしまっても、話し方だけは「ゆっくり、はっきり」を維持させてください。話し方についても、やはり練習あるのみだと思います。

また、想定できる質問についてはあらかじめ回答を用意しておきましょう。例えば志望動機や転職理由、どんな業務に就きたいのか、理想とする看護師像など、ある程度は想像することが出来ると思います。

事前に回答を準備する場合には、「だいたいこんな内容にしよう」とアバウトに決めておくよりは、しっかりと文章として組み立てておく方が良いでしょう。大体のアウトラインしか整っていない場合、実際の面接でパニックになったときに順序だてて話すことが難しくなってしまいます。その点、文章として用意しておけば、しっかりと言いたいことの流れを思い返しながら話すことが出来ます。しかしながら、この点においても十分な練習は不可欠です。

これまでお話ししてきたように、面接対策とは、確かにいくつかのポイントはあるものの、結局のところ実践的な練習が非常に重要になってくるといえます。しかし、面接練習を自分1人でやろうとしても限界がありますし、家族や友人相手だと緊張感なく終わってしまうこともあります。また、「一応一通りの流れはやってみたものの、悪かったところがよく分からなかった」ということにもなりかねません。これでは本番での成功はあり得ませんね。

本番さながらの状況で練習を積むには、専門のプロの力を借りるのか一番効果的です。「MCナースネット」や「看護roo」、「マイナビ看護師」等、看護師の転職を専門とするサービスはたくさんあります。こうしたサービスを利用すれば、面接対策をしっかりと行ってもらえるのです。


>> 「ナースフル」で面接のポイントを教えてもらおう!(無料) <<

   ▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師転職サイト※2017年度最新版 All Rights Reserved.

[北海道・東北] 函館 青森 盛岡 福島 山形 八戸 [関東] 市原 水戸 平塚 府中 草加 春日部 茅ヶ崎 大和 [甲信越・北陸] 長岡 福井 富士 松本
[関西・東海] 明石 茨木 八尾 加古川 寝屋川 [中国・四国] 徳島 [九州] 久留米 下関 佐世保 佐賀