看護師転職サイト※2017年度最新版

福井市で求人情報をお探しの看護師の方!

福井県福井市で転職をご検討中の看護師の方は、看護師専用の求人エージェントを利用するのが効率的に転職活動をすすめるポイントです。

「年収50万円アップ」「有給を完全に消化できる」「エキチカの病院」など自分の希望する条件の転職先を紹介してくれるうえ、その転職先との条件交渉なども行ってくれます。それでいて、利用料は一切かからず完全無料となっています。

当サイトでは、看護師に特に人気のエージェントを厳選して紹介しておりますので、以下のランキングをご参考にして頂ければと思います。大手が運営しているその知名度と実績から、「看護のお仕事」が人気1位を継続中です。

福井市で人気の看護師エージェントランキング



 









 








 

 看護のお仕事

運営企業:レバレジーズ株式会社
対象エリア:全国対応
URL:http://www.kangonooshigoto.jp/

<おすすめポイント>
ここ1年間で急速に登録者を増やしている人気サービス「看護のお仕事」が人気1位に輝く。サポート力NO.1の評判通り、転職者にとってピッタリの職場を斡旋してくれるため、転職後のミスマッチが起きないのが人気の秘訣。在籍するコンサルタントの質が非常に高く、エージェント選びで悩んだらココで間違いなし!



 ナース人材バンク

運営企業:株式会社エス・エム・エス
対象エリア:全国対応
URL:http://www.nursejinzaibank.com/

<おすすめポイント>
年間の利用者数がなんと10万人!「紹介実績NO.1」の看護師転職サービス。拠点数・コンサルタント数も業界NO.1なので、自分にピッタリの求人先が見つかる可能性が高いことで有名。ひとまず登録しておいて間違いなしの一押しサービスです!



 ナースフル

運営企業:株式会社リクルートドクターズキャリア
対象エリア:全国対応
URL:http://www.recruit-nb.jp/

<おすすめポイント>
人材業界のリーディングカンパニーである「リクルートグループ」が運営。その情報網を活かして多くの高待遇の案件を抱えています。年収600万円以上の高給与案件なども多数!「本当はこうしたい」という希望に合わせた看護師求人を、専門アドバイザーがコンサルしながら紹介してくれます。利用者の満足度も高いことで有名。


福井市内のこんな病院への転職に成功しています(一部抜粋)

福井赤十字病院
福井県福井市月見2-4-1 / 福井鉄道福武線 福井新駅

福井県済生会病院
福井県福井市和田中町舟橋7-1 / 北陸本線 福井駅

福井総合病院
福井県福井市江上町58-16-1 / えちぜん鉄道三国線 新田塚駅

岩井病院
福井県福井市日之出2-15-10 / えちぜん鉄道勝山線 新福井駅

松原病院
福井県福井市文京2-9-1 / えちぜん鉄道三国線 田原町駅

福井厚生病院
福井県福井市下六条町201 / 北陸本線 福井駅

三精病院
福井県福井市大島町柳205 / 福井鉄道福武線 江端駅


⇒ 『看護のお仕事』に無料登録してみる

男性看護師のデメリット【看護師関連コラム】

男性が看護師になる事に、実はデメリットも存在しているのです。看護師を男性の仕事としてとらえた時、一家を支えていく男性の給料としては、あまりにも安いものだと言えるのです。また、実際に看護師として活躍している男性は、一定の年齢に達した時、自分よりも年齢がずっと下の若い医師に、命令口調で物を言われる事に果たして耐えられるのか・・・と不安を抱いたと言います。

男としてのプライド・・・とでもいうのでしょうか。そういった不安が頭をよぎるというのも、やはり男性ならではなのかもしれません。また、ほとんどが女性であるという現状から、その中にごくわずかな男性看護師がいたとしても、更衣室すら用意してもらえないといった事もあったようです。

そうなるとどこで着替えをしているのか、不思議でならないのですが・・。他にも、仕事での悩みなどがあったとしても、相談できるような相手がいなかったり、休憩時間がつまらなかったりと、男性看護師は男性看護師ならではの悩みがやはりあったようです。

ほとんどが女性であるという職場に入る事になる男性看護師のデメリットは、たいていこうした事のようです。中には、「まわりが女だらけだ」と喜ぶ不謹慎な人もいるようですが、たいていの看護師が相手として選択するのは、男性看護師ではなく医師である事のほうが多いようです。

地位もお金も持っている医師のほうが良い・・・という看護師の言い分もわからなくもありませんが・・。もう少し、男性看護師の地位が向上し、人数も増えて来ると、きちんと男性看護師用の更衣室が用意されたり、力仕事以外にももっと重要な役割のために必要とされる日が来るのかもしれません。もう少しの辛抱です、男性看護師・・。


   ▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師転職サイト※2017年度最新版 All Rights Reserved.