看護師転職サイト※2017年度最新版

佐世保市で求人情報をお探しの看護師の方!

長崎県佐世保市で転職をご検討中の看護師の方は、看護師専用の求人エージェントを利用するのが効率的に転職活動をすすめるポイントです。

「年収50万円アップ」「有給を完全に消化できる」「エキチカの病院」など自分の希望する条件の転職先を紹介してくれるうえ、その転職先との条件交渉なども行ってくれます。それでいて、利用料は一切かからず完全無料となっています。

当サイトでは、看護師に特に人気のエージェントを厳選して紹介しておりますので、以下のランキングをご参考にして頂ければと思います。大手が運営しているその知名度と実績から、「看護のお仕事」が人気1位を継続中です。

佐世保市で人気の看護師エージェントランキング



 









 








 

 看護のお仕事

運営企業:レバレジーズ株式会社
対象エリア:全国対応
URL:http://www.kangonooshigoto.jp/

<おすすめポイント>
ここ1年間で急速に登録者を増やしている人気サービス「看護のお仕事」が人気1位に輝く。サポート力NO.1の評判通り、転職者にとってピッタリの職場を斡旋してくれるため、転職後のミスマッチが起きないのが人気の秘訣。在籍するコンサルタントの質が非常に高く、エージェント選びで悩んだらココで間違いなし!



 ナース人材バンク

運営企業:株式会社エス・エム・エス
対象エリア:全国対応
URL:http://www.nursejinzaibank.com/

<おすすめポイント>
年間の利用者数がなんと10万人!「紹介実績NO.1」の看護師転職サービス。拠点数・コンサルタント数も業界NO.1なので、自分にピッタリの求人先が見つかる可能性が高いことで有名。ひとまず登録しておいて間違いなしの一押しサービスです!



 ナースフル

運営企業:株式会社リクルートドクターズキャリア
対象エリア:全国対応
URL:http://www.recruit-nb.jp/

<おすすめポイント>
人材業界のリーディングカンパニーである「リクルートグループ」が運営。その情報網を活かして多くの高待遇の案件を抱えています。年収600万円以上の高給与案件なども多数!「本当はこうしたい」という希望に合わせた看護師求人を、専門アドバイザーがコンサルしながら紹介してくれます。利用者の満足度も高いことで有名。


佐世保市内のこんな病院への転職に成功しています(一部抜粋)

佐世保市立総合病院
長崎県佐世保市平瀬町9-3 / 松浦鉄道西九州線 佐世保中央駅

労働者健康福祉機構 長崎労災病院
長崎県佐世保市瀬戸越2-12-5 / 佐世保線 佐世保駅

西海病院
長崎県佐世保市権常寺町1500 / 佐世保線 早岐駅

北松中央病院
長崎県佐世保市江迎町赤坂299 / 松浦鉄道西九州線 高岩駅

サン・レモリハビリ病院
長崎県佐世保市江上町4848-1 / 大村線 ハウステンボス駅

天神病院
長崎県佐世保市天神5-23-31 / 佐世保線 佐世保駅

松浦病院
長崎県佐世保市世知原町栗迎9-1 / 松浦鉄道西九州線 吉井駅


⇒ 『看護のお仕事』に無料登録してみる

准看護師廃止【看護師関連コラム】

看護師の補助的役割を担うとして、准看護師が存在しています。准看護師と言う制度については、廃止させようという動きがずいぶん前からあったようなのですが、現在に至ってもいまだ廃止になっていません。これは、医師会の反対が大きく影響しているのだと言われています。

規模の大きな病院では、できるだけ正看護師を採用しようと言う動きがあり、准看護士が採用されると言う事はまずありません。ところが、規模の小さなクリニックなどにおいては、准看護師を積極的に採用するという正反対の動きがあるのです。

これは、要するに「人件費削減」に関わる問題となっているようで、人件費の高くつく正看護師よりも、安上がりな准看護師を採用しようという事なのです。小さなクリニックにおいては、一人の看護師の人件費だってばかにならないのです。

そこで、規模の大きな病院よりも圧倒的に数が多い小さなクリニックの医師たちが団結して「准看護師制度廃止に反対」しているわけなのです。准看護師であっても、医師と看護師の指示や監督があれば、看護師同様の業務をこなす事ができてしまうのです。

ですから、人件費が安く、看護師と同じ業務を行える准看護師は、小さなクリニックにとっては非常に重要な存在となっているのです。理由が理由なので、准看護師にとっては非常に複雑な気持ちになるかもしれませんが、それでも社会から「必要」とされている職業なのですから、誇りに思っていいのかもしれません。

ただ、准看護師も、そのほとんどが実際には「正看護師になれたらいい」と思っているわけですから、正看護師への道をきちんと用意したうえで、准看護師廃止論を掲げていくのが筋と言えるのかもしれません。


   ▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師転職サイト※2017年度最新版 All Rights Reserved.